農業の求人で正社員になるときの自分がトクする会社の見つけ方

転職でも新社会人でも、これから農業という職場に就職しようとしている方、求人を探している人で正社員になる時、どんな会社を選べば自分にとってトクなのか、それを見極める力を身につけましょう。

当然のことですが、せっかく就職するのに自分にとって不利だとか、メリットがない職場は選びませんよね。求人で正社員を募集している農業法人の中から、自分に合った職場、自分にとって有益な会社、求人を選ぶことが大事です。じゃあ、それは何なのかといえば人それぞれ違うでしょう。一番に考えることは給料かもしれません。農業の求人欄でつい高い給与に惹かれがちになりますが、金額だけで判断はしないようにしましょう。仕事の内容もそれだけハードな可能もあり、自分の体力なども考慮して判断しないといけませんから。実際にその職場がどんなものなのか、正社員になる前にその目で実際に確かめることをした方がいいかもしれません。この仕事内容で、この給与なら納得だと思うのか、割に合わないと思うのかは、その人次第ですから。そんな人には正社員になる前に就業体験ができる農業インターンシップを利用するといいでしょう。

農業法人の正社員になろうとしている人が自分にとって少しでもおトクな会社を選ぶポイントは求人欄の待遇をチェック。ここで最もきになるのは保険の面でしょう。ここがしっかり整ってないと正社員として働く意味がありません。雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金といった社会保険が完備されているか。安心して働く為、自分が損しない為にも大事です。この他にも昇給や賞与がある会社を選ぶ方がもちろんおトクです。昇給は何年に1回なのかとか、賞与は年に何回あるのか、といった項目にも注目するといいかもしれません。その他にも農業の求人欄にどんな手当があるかは押さえておきましょう。通勤手当、住宅手当、家族手当など自分にメリットのある手当が該当すれば助かりますよね。正社員として農業をする人には少しでも整った環境で働いてもらいたいものです。

求人で農業の正社員を募集している会社を探している人にもう一つだけ。それは住む場所です。通える範囲なら問題ないでしょうが遠方から就職する人には、どのような住居を用意してもらえるのか。正社員の為の寮や社宅があるところもあれば、職場の近隣にあるアパートなどを借りてもらう(会社でいくらか負担してもらえるところもあるので求人欄に注目)とか、住み込みで働いてもらうというところもあります。常に職場の人間、いわば上司と共同生活を送る住み込みは神経質な人とかはやめた方がいいかもしれません。自分に適した生活拠点を選びましょう。農業で正社員になるには求人で心地よく働ける職場を選ぶ方が◎ですよ。

農業の求人で正社員になる時の自分がトクする会社を上手に見つけましょう。

農業の求人はこんなに違う!正社員とアルバイトの違い

いま仕事を探している人、それも農業の求人を探している人はいませんか?ちなみにそれは正社員としての雇用ですか?それともアルバイトとしてですか?どちらで働くか迷っている人は必見です。

まず、農業で働こうとして求人を探している人の中にはアルバイトとして考えている人もいるでしょう。なぜ、正社員じゃなく、バイトやパートなのか?こちらだと時間給で働き、勤務時間に応じた社会保険制度になります。ちなみに夏の高原野菜アルバイトなどは短期雇用のため社会保険はつかないとか。正社員と比べると賃金はかなり安いし、保障は安定性が欠けるというデメリットはあります。しかし、 時間の融通や休日などは自由がききやすく、夏・冬でそれぞれ別の土地で期間限定バイトを行う人もいるようです。こちらも時給制ではありますが長期間勤務すると昇給さてくれる雇用主も多数あるとか。農業の求人を探す人で給料面や保険とかよりも、労働時間や休日などが自由になる方がいいという人ならアルバイトが向いてるかもしれません。

次に農業で求人を探している人の中で法人で社員として働きたいという人はいますか?いるでしょうね。まず正社員とは雇用期間の定めがなく、月給制で勤務することを指しております。一部、日給制月給の雇用主もありますので求人は細部に渡って見ましょう。また賞与や昇給、有給休暇、社会保険は雇用主によって変わってきます。正社員雇用の前に数週間~数ヶ月程度の試用期間を設けている職場もあります。とにかく給与にしても保険にしても安定したところで働きたいという人ならアルバイトより、本業を農業にする方がいいでしょう。

このように正社員とアルバイトには違いをあります。で、求人をみてすぐ問い合わせて、すぐ面接して、すぐに採用になって即、労働…というのは不安。どんなもなのか試しに体験してみたい、という人にはインターンシップを利用してみてはいかがでしょう。これは農業法人で就業体験をする制度です。全国農業会議所では平成11年度から農林水産省の補助を受けて、インターンシップを実施しているそうです。 昨年度からは法人等に正社員として採用が予定している内定者の事前就業体験として利用できるようにもなっているようです。こうしたことが求人欄に書いてあるかチェックした方がいいかもしれません。
正社員の求人を探す人に農業インターンシップの実施要項も紹介しておきましょう。体験期間は1週間から6週間以内で通年受入れ可能。参加費は無料、但し、受入法人までの交通費は自己負担ですが、食費・宿泊費は受入先が負担します。原則として経営者宅・社宅などに住み込みになります。但し、社会人は通勤も可。農業の正社員の求人を探す人はぜひ利用してみては?

農業で働く時はアルバイトと正社員では色々と違うので求人を探す時はよく考えて行動しましょう。

いま話題の農業法人の求人で正社員に応募するメリット

これから農業の仕事をしたいと就職活動をしている人はいませんか?そんな人に法人の求人で正社員に応募するメリットは何かを紹介していきたいと思います。

正社員募集の求人をさがしている人はまず農業法人とは何かご存知でしょうか。
これは農家という家業の概念から、会社として農業を経営するにあたって与えられる法人格のことをいいます。これにより、いままで相続以外では業を行うことが困難でしたが、ノウハウと資源さえあれば誰でも営むことが出来るようになったのです。ここで正社員の求人を見つける方が良いのでは、ということをこれから紹介していきます。

では正社員の求人を探す方に法人で働くメリットをお話していきたいと思います。まず農業法人は一般的な企業と同じなので、給与制がとられています。出来高制ではありませんので、年間を通して一定の収入の見込みがたてられます。また法人は従業員に対して就業規則を整備しなければなりません。このため、就業時間や休日などを事前に確認でき、自分の条件と照らし合わせることができます。もちろん、繁忙期や閑散期、作物によっては一般企業と同じ勤務時間や休日とはいかない場合もあります。こうしたことから給料面、労働時間などに不安を抱いている方は、農業法人の正社員の求人に応募する方が良いと思いますよ。

正社員の求人を探す人の中には「経験がないから…」とか「年齢的に厳しのでは…」と、躊躇している人もいるのでは?そういったことも気にせずに応募できるんです。全国農業会議所が調べた雇用に関するアンケートの結果があります。それによると採用の条件に「農業に対する情熱」や、「人柄」を重視している雇用主が多いという結果が出ています。このように経験や年齢は重要度が低いということなんです。このように法人であれば受け入れ体制が整っているだけでなく、雇用後もしっかり育成する体制も整っています。人材育成を掲げた会社が大半で、何年も務めて貢献してくれた人材には独立する場合、全面的バックアップする体制を整えているところもあります。正社員になる為に求人を探している人は「未経験だから」とか、「若くないから」と諦めないでください。

それでは農業法人に正社員として就職するにはどうすればいいのか。かつては縁故採用が結構な割合を占めていました。しかし、最近では正社員を募集する求人を出すところが急増しています。求人はインターネットやハローワークなどで探すことができます。農業に特化した求人サイトもあるので、これらを活用すると見つかりやすいでしょう。また、農協などに出向いて探すのも良いかもしれません。

農業法人の求人で正社員に応募するメリットを紹介してきました。熱い情熱を持って就職活動に挑んでみてください。