いま話題の農業法人の求人で正社員に応募するメリット

これから農業の仕事をしたいと就職活動をしている人はいませんか?そんな人に法人の求人で正社員に応募するメリットは何かを紹介していきたいと思います。

正社員募集の求人をさがしている人はまず農業法人とは何かご存知でしょうか。
これは農家という家業の概念から、会社として農業を経営するにあたって与えられる法人格のことをいいます。これにより、いままで相続以外では業を行うことが困難でしたが、ノウハウと資源さえあれば誰でも営むことが出来るようになったのです。ここで正社員の求人を見つける方が良いのでは、ということをこれから紹介していきます。

では正社員の求人を探す方に法人で働くメリットをお話していきたいと思います。まず農業法人は一般的な企業と同じなので、給与制がとられています。出来高制ではありませんので、年間を通して一定の収入の見込みがたてられます。また法人は従業員に対して就業規則を整備しなければなりません。このため、就業時間や休日などを事前に確認でき、自分の条件と照らし合わせることができます。もちろん、繁忙期や閑散期、作物によっては一般企業と同じ勤務時間や休日とはいかない場合もあります。こうしたことから給料面、労働時間などに不安を抱いている方は、農業法人の正社員の求人に応募する方が良いと思いますよ。

正社員の求人を探す人の中には「経験がないから…」とか「年齢的に厳しのでは…」と、躊躇している人もいるのでは?そういったことも気にせずに応募できるんです。全国農業会議所が調べた雇用に関するアンケートの結果があります。それによると採用の条件に「農業に対する情熱」や、「人柄」を重視している雇用主が多いという結果が出ています。このように経験や年齢は重要度が低いということなんです。このように法人であれば受け入れ体制が整っているだけでなく、雇用後もしっかり育成する体制も整っています。人材育成を掲げた会社が大半で、何年も務めて貢献してくれた人材には独立する場合、全面的バックアップする体制を整えているところもあります。正社員になる為に求人を探している人は「未経験だから」とか、「若くないから」と諦めないでください。

それでは農業法人に正社員として就職するにはどうすればいいのか。かつては縁故採用が結構な割合を占めていました。しかし、最近では正社員を募集する求人を出すところが急増しています。求人はインターネットやハローワークなどで探すことができます。農業に特化した求人サイトもあるので、これらを活用すると見つかりやすいでしょう。また、農協などに出向いて探すのも良いかもしれません。

農業法人の求人で正社員に応募するメリットを紹介してきました。熱い情熱を持って就職活動に挑んでみてください。